復縁における電話の利用法を解説

復縁に電話は利用をするべき?超具体的な駆け引きを解説

復縁を目指す際の電話の利用法について解説

100復縁に向けて本気で行動をしていたら、途中「とにかく相手に電話をしたくなる」というタイミングが出てくるかと思います。

 

ただ、、、感情のままに相手に電話をしてしまったら、良くない結果になるのは予測がつきますよね?

 

そこで、こちらのページでは、復縁を目指すタイミングでの電話の利用法について詳細を解説していきます。無茶な行動をして、復縁の可能性を狭めないようにしましょう。

最初にこれだけは理解をしよう!

今現在、あなたが「彼に電話をしたい」と思っているなら、
実際に連絡をする前に、考えてもらいたい事があります。

 

それが、、、
「その電話は何のためにするのか?」という点です。

 

私が過去に相談に乗ってきた内容から考えてみると、
復縁相手への電話というのは、大きく分けて下記2つに分けられます。

 

  • 感情による電話
  • テクニックとしての電話

 

「感情による電話」というのは、
その名の通り「相手の声を聞きたい!」などの理由から
相手に電話をしていくということですね。

 

仮にあなたがこのような状況だとしたら、、、
相手に連絡をする前に、ちょっと待って下さい。

 

基本的に、復縁というのは感情のままに行動をすると失敗をしてしまいます。

 

そもそもが「感情のままに動いた」ことによって
一度別れてしまっているわけなので、感情で動いていいことがないんですね。

 

そのため、もしあなたが
「今、電話がしたいから電話をする」という事でしたら、
まずは一度電話をやめて、冷静になって下さい。

 

あなたの目的は「相手と復縁をする」という内容になるはずです。
目先の「相手に電話をしたい!」という欲求に負けて、
復縁のステップを崩していいはずがないのです。

 

今のあなたの心境を冷静に振り返って、感情に流されないようにしましょう。

復縁における電話の役割とは

100

 

「相手に電話をしたいから、電話をする」
・・・この行動がダメだという事はご理解頂けたと思います。

 

では、相手に電話をしてもいいのは、
どういったタイミングになるのでしょうか。

 

それはズバリ!
下記のような内容を全て終えたタイミングとなります。

 

 

つまりは、復縁に向けてのステップが
最終局面に入らないと、電話をしてはいけないという事なんですね。

 

電話をしてはいけない理由とは

私がこれほどまでに「電話はしないように!」と言っても、
イマイチご納得いただけないと思います。

 

そこで、更に電話について解説をしていきます。

 

そもそもですね、、、
復縁において「電話」というのは、
無意味な物だと言うことを理解してもらいたいんです。

 

結局、、、あなたの最大の目的というのは、
「相手と復縁をすること」になるわけです。

 

そして、相手と復縁を果たすためには
相手と直接デートをするしか方法がないんですね。

 

いくら相手と電話をしたとしても、それは直接復縁にはつながりません。
(相手が電話を望んでいるなら別ですが、、、)

 

つまり、あなたが主体的に動いていくということであれば
「とにかくデートに繋げていく手法」を考えなければいけないんですね。

 

では、デートに誘うツールとして考えると、電話はオススメ出来るのでしょうか。

 

正直、このような「相手をデートに誘うツール」を考えたら、
電話よりLINEやメールの方が遥かに優秀です。

 

1通1通を考えて対応していけますし、
「電話だけで相手が満足してしまい、デートに繋げられない」という
リスクも最小限にすることが出来ます。

 

それに対して電話というのは、
あまりにもリカバリーが効かないんですね。

 

  • 電話をして出てもらえなかったら・・・
  • 話が盛り上がらなかったら・・・

 

など、不確定要素が多くなりすぎてしまうのです。

 

こういったリスクを犯すくらいなら、
メールやLINEの方が遥かに良いというわけです。

電話をしてOKなタイミングとは

100

 

ここまで「相手に電話をしてはダメなポイント」ばかりを解説してきましたが、
逆に「電話をしてもOKなタイミング」というのは、いつになるのでしょうか。

 

実際、、、かなり電話OKなタイミングというのは少なくて、
下記2つくらいとなります。

 

  • 相手から電話が来たタイミング
  • デートに誘うタイミング

 

では、それぞれ解説をしていきます。

 

相手から電話が来たタイミング

まず最初に挙げられるのが
「相手から電話が来たタイミング」となります。

 

あなたからかけたのではなく、相手から電話が来た場合、、、
しっかりと電話をしてもOKだという事ですね。

 

この状態で電話をしてOKな理由というのは、
やはり「相手が望んでいるため」となります。

 

結局ですね、、、復縁を目指している状況では
「相手が望んでいる状態以外では、電話をしない」というのが鉄板となります。
そのため、大半の状況では、電話はNGとなるわけです。

 

しかし、こちらの状況のように
「相手が電話を望んでいる」という事であれば、
電話をしても全く問題がないわけです。

 

電話が来た際には、しっかりと相手の話を聞き、
可能な限り次の行動(次回の電話やデート)に繋げられるよう動いていきましょう。

 

電話自体はOKですが「電話の時間」は最大限の注意を払うようにしてください。
「電話を出来た嬉しさ」から、つい長電話になってしまうことがありますが、長電話をしすぎてしまうと、次の段階に繋げにくくなってしまいます。相手の要件が終わったら、次の約束をして、きっぱりと切るように心がけましょう。

 

デートに誘うタイミング

上の章で「復縁に向けての行動を終えたら電話してOK」と書きましたが、
つまりは「デートに誘うタイミングでの電話」は行ってOKとなるわけです。

 

正直ですね、、、
相手をデートに誘えるくらいの状態になっていたら、
電話をしてもしなくても、その先の段階に進むことが出来ます。

 

ただ、細かい日程の調整とかをメールでしていると、
相手に考えなおす隙を与えてしまいます。

 

そこで、そのような隙を与えないためにも、
相手に電話をして、一気にデートまで決めてしまうというわけです。

 

下手に電話をして「相手が取れなかった」という事になったら最悪なので、
確実に相手が取れるような状態(メールが来た直後)などを狙って、電話をするようにしましょう。

まとめ

以上が、復縁における電話のポイントとなります。

 

「あまり電話は優秀ではない」という事を、ご理解頂けたと思います。

 

たしかに、電話をしたくなる気持ちはとてもわかるのですが、
「相手に電話をする」というのは、それなりにリスクを伴う行為になります。

 

仮に、相手が出ないor出れない状態だったとしたら、
次の行動がとりにくくなってしまうわけですからね・・・。

 

今電話をするべきかを冷静に考え、行動をしていきましょう。


ホーム サイトマップ
TOP 状況別の復縁法 復縁テクニック解説 復縁コラム