復縁の失敗例から学んでいこう

復縁の失敗例を学び、成功へとつなげていこう!

復縁の失敗例について解説をしていきます

100ネット上には復縁についての様々な情報があるのですが、「失敗」に絞った適切な内容が少ないように感じます。

 

ついつい「復縁成功」について一辺倒に考えてしまいますが、それと同じくらい「失敗」についても適切に把握をしなければなりません。

 

ダメな例などを先に把握することが出来れば、それを避けて行動することが出来ます。そこでこちらでは「復縁の失敗」に絞って解説をしていきますので、是非ご自身の行動に活かして下さい。

本当の失敗とは何なのか?

私の元に頂くメールを見ていると、
「復縁に失敗をしそうです」とか「復縁に失敗してしまいました」などと
言った内容を見ることが出来ます。

 

ただ、このように頂いた内容について聞いてみると、
皆さん感情的になっていて適切な判断を下せていないことが多々あるんですね。

 

仮に、あなた自身が復縁に失敗してしまった」なんて思っていたとしても、
実際には後で取り返せるチャンスがある場合もあります。

 

先走って無茶な行動をし、復縁の可能性を潰さないようにしましょう。

 

明確に失敗を定義しよう!

復縁について本気で考えていくなら、
実は「復縁の失敗」について考えるのも、極めて重要になってきます。

 

というのも、復縁というのは「冷却期間を置いた後に成功」なんて例もあるため、
明確に「この復縁は失敗に終わった」なんていうのが判断をしづらいんですね。

 

そこで、私が提唱する、復縁の失敗の状況というのは、
下記のような内容となります。

 

  • 時間をかけても、修復が不可能(相手の心理的に)
  • 相手が別の人の所にいってしまった

 

まず、「時間をかけても修復が不可能」というのは、
「冷却期間を置いても、復縁はムリ」という状態になります。

 

 

冷却期間というのは、上で解説しているような
「相手に連絡をしないでいて、印象を変える期間」となります。

 

基本的に、復縁における重要な要素として
「時間がたったら、相手の持っている印象が変わった」という状況が挙げられます。

 

別れた当初はすごい嫌われていたとしても、
時間が経過することによって、許せるようになったという事ですね。

 

逆に、このように冷却期間を置いても復縁はムリな場合、
復縁自体がかなり厳しくなってしまいます。

 

また「相手が他の人の所に完全にいってしまった」という状況でも
復縁はかなり厳しくなってきてしまいます。

 

数ヶ月で相手と別れてくれるような状況であれば、
まだ全然見込みはありますが、完全に他の人の所に行ってしまった場合、
気持ちを取り戻すのはかなり難しいかと思います。

 

こういった場合は、「諦める」か「お金を使い全力で工作」など、
最終的な判断を考えていきましょう。

 

可能性は残されています

上では「復縁が難しい状況」を解説しましたが、
逆に言えば上のような状況以外では
様々な状況においても復縁のチャンスは残されているわけです。

 

例えば、よくある相談の内容として
「相手が本当に怒ってしまった」なんて言うのがありますが、、、
こういった状況でも、復縁の可能性は残されています。

 

当事者としては「激怒されてしまった、、、復縁はムリだ」なんて思ってしまいますが、
実際には、そんな状況から復縁されている人はかなりいるわけですね。

 

復縁というのは、性質上「一見難しそうに見える物」 なのです。

 

一見悪そうに見える内容だったとしても、
そんな状態から復縁に成功されている人は数多くいらっしゃいます。
この事を頭に入れておきましょう。

復縁失敗に繋がるNGな行動・言動とは

100

 

では次に復縁失敗に繋がるNGな行動・言動について解説をしていきます。

 

細かい点では正直色々と挙げられるのですが、
私が見ている中で、特に多いと感じられるのは下記のような内容となります。

 

  • 復縁の基本を行わない
  • 焦って行動をしすぎる
  • 「彼女だった時の事」を引きずっている

 

では、それぞれ詳細について解説をしていきます。

 

復縁の基本を行わない

あまり一般的には知られていませんが、
復縁にも「教科書的な方法」という物が存在しています。

 

具体的には、下記のような内容ですね。

 

 

冷却期間を置き、現状を把握し、自分自身を変えていく・・・

 

言ってしまえば、復縁の基礎というのは、このような「当たり前の内容」になるので、
「やらない方がいい状況」なんていうのは、ほとんど無いんですね。

 

それにも関わらず、復縁に自己流で挑む大半の人は
「知らない」といった理由や、「面倒くさそう」といった理由から
真面目に取り組まないことが多いのです。
本当にもったいないですよね・・・。

 

復縁というのは、貴方自身が頑張って掴みとる物になります。
「なんとなく」で動いたら成功出来るはずがないという事を、しっかりとご理解下さい。

 

焦って行動をしすぎる

次に挙げられる内容というのが
「焦って行動をしすぎる」という内容になります。

 

復縁というのは、どうしても冷却期間などが必要になるため、
「とにかく焦る・急ぐ」というのは逆効果となってしまうんですね。

 

例えば、3ヶ月冷却期間をおけば前進出来る内容だったとしても、
「すぐに連絡をしたことによって、失敗に終わってしまう・・・」なんて事は普通にありえます。

 

「とにかく行動する!」というのは復縁に関してはマイナスに働きます。
「自分が行動するべき内容」をしっかりと把握した上で、行動するようにしましょう。

 

彼女だった時の事引きずる

最後に「彼女だった時の事を引きずる」というのは、
かなりありがちな失敗のパターンとなります。

 

「彼の様々な点を自分は知っている!」という自負から、
ついつい無駄な行動をしてしまうんですね。

 

こういった行動というのは
「現在別れてしまっている」という感情の反発として、
半分無意識的に行ってしまいがちです。

 

「誰にも言えない彼への気持ち」が行動になって現れてしまうんですね。

 

ただ、こういった意識の上での行動というのは
相手からすると「別れた後でも、行動がうざい」なんて風に
繋がっていってしまうわけです。

 

私は当サイトでも一貫してお伝えしていますが、
復縁というのは「新しく恋愛をやり始めるもの」となります。

 

「相手のこんな所を知っている」なんて風に
後ろ向きな考えで進めるのではなく、恋愛を0から始める形で進めていきましょう。

まとめ

以上が、復縁の失敗に繋がってしまう人の特徴や、
失敗へ繋がる行動となります。

 

少し意識をしないと、
ついついやってしまう内容なども含まれていたのではないでしょうか。

 

こういった行動をやりたくなる気持ちはわかるのですが、
客観的に見ると、かなりダメな行動だと言う事がわかるかと思います。

 

復縁を頑張っている最中というのは、
自分自身において「客観性」がかなり欠如してしまいます。

 

復縁を目指す上で「客観性」というのは極めて重要な要素になりますので、
常に意識をして行動をしていきましょう。


ホーム サイトマップ
TOP 状況別の復縁法 復縁テクニック解説 復縁コラム