元カレと復縁出来る可能性・確率を詳細に解説していきます

元彼と復縁できる確率・可能性はどのくらい?ポイントごとに解説!

元カレとの復縁確率・可能性について徹底的に解説!

100元カレと本気で復縁をしたいなら、、、どうしても、どのくらい復縁の確率・可能性があるか気になってしまいますよね。

 

実際の問題として、復縁に向けて本気で行動をしていく前に「どのくらい復縁の確率があるか」というのを把握するのはとても重要な事となります。

 

今までの自分を振り返る意味も込めて、しっかりと現在の立ち位置を再確認しましょう。

大半の人には可能性は残されています!

私自身、復縁の相談に乗り始めるようになって、
かなりの人数の方から復縁の可能性について相談を受けます。

 

やはり、皆さん最初の段階ではとても気になってしまうんですね、、、
私自身も復縁を目指している段階では似たような感じだったので、
気持ちはとてもわかります。

 

ただ、、、
こんな風に悩んでいる方のためにもハッキリといいますが、
ほとんどの方に、復縁の可能性は残されているんですね。

 

なんとなく、世間一般のイメージでは
「大半の復縁は失敗に終わる」なんて風に思われているかもしれませんが、
それは、知識もなく、無茶な手法で復縁を目指した場合となります。

 

適切な内容で復縁のステップを進めていったら、
成功出来る確率はかなり上げることが可能になるんですね。

 

そのため、これから復縁を考える際にネガティブになりそうになったら
「大半の場合では復縁は可能なんだ」と、再確認するようにしてください。

復縁が難しい場合とは

100

 

では、実際に復縁が難しい場合とは、どのような内容になるのでしょうか。
具体的には、下記のような内容が挙げられます。

 

  • DVが原因で振られた場合
  • 相手の大切な物・人を傷つけてしまった場合
  • 他の精神的なダメージなどの場合

 

では、それぞれ詳細について解説をしていきます。

 

DVが原因で振られた場合

過去何度が実際に相談を頂いたことがあるのですが、、、
正直「DVが原因の別れ」というのは、復縁がかなり難しい内容となります。
(最近では、女性側からのDVが急増しているらしいです)

 

一般的には、復縁の流れというのは
「現状の問題を直し、相手と新しい関係を築いていく」という内容になります。

 

しかしですね、、、
一度でもDVをしてしまった場合、
相手の心にかなり深いキズを残してしまうため、
そのようなステップがとれなくなってしまうのですね。

 

「DVをされたという事実」を比較的早い段階で
相手が忘れてくれればいいのですが、実際にはそうはいきません。

 

相手によっては、それこそ数十年単位で
「DVをされた」という事実を引きずってしまいます。

 

もちろん、一言でDVと言っても、かなり幅が存在しています。
(軽く叩いた程度から、本気のDVまで)

 

しかし、相手が恐怖を覚えるようなDVをしてしまった場合、
復縁はかなり厳しくなってしまうのです。

 

大切な人を傷つけてしまった場合

また、「相手が本当に大切にしている人」を中傷してしまった場合も
かなり復縁が厳しくなってしまいます・・・。

 

私が過去に相談に乗ったケースの中には
「喧嘩の中で、相手の家族を中傷してしまった」と言うのがありました。

 

このような事が別れの理由だった場合、
普通の復縁のステップでは一切解決しません。

 

いくらあなたが「今後はそういった事をしない」と誓ったとしても、
相手からすると、過去の行動だけで別れるには十分になってしまうのです。

 

大変申し訳無いのですが、
このような状態から復縁を果たす方法を、私は知りません、、、

 

他の精神的なダメージなどの場合

上のような内容以外にも
とにかく「相手の心を深くえぐる・傷つける」と言った内容を
行ってしまった場合、復縁は厳しくなります。

 

例えば、「相手の飼っているペットへの中傷」や「芸術家の相手のアートへの中傷」などが
その内容として挙げられます。

 

客観的に見て「明らかにひどい内容」の場合
復縁は厳しいのが基本的な考え方となります。

 

是非、ご自身で考えてみてください。

他に、復縁確率に影響をする事はある?

上のような内容以外に復縁の確率を左右する要素としては
どういった内容が挙げられるのでしょうか。

 

具体的には、下記のような内容が挙げられます。

 

  • 相手に新しい恋人がいるかどうか
  • 相手に新しく好きな人がいるか

 

つまりは「ライバルの有無」が重要になってくるわけですね。

 

普通の復縁であれば「あなたと相手」の
2人の事だけを考えていればOKでした。

 

しかし、ライバルが存在している場合、、、
当然の事ながら、ライバルの事も考慮に入れなければなりません。
必然的に、復縁への難易度は上がってしまいうわけです。

 

ライバルがいた場合、どうすればいいの?

では、仮に「ライバルがいても、復縁をしたい」という事であれば
どのようにすすめていけばいいのでしょうか。

 

個人的には「相手が少しでも別れる可能性がある」という事であれば、
復縁を目指してもいいと思います。

 

また、あなたがお金を使えるという事であれば
「別れさせ屋」などに工作を依頼して、
そこから復縁を目指していくことも考えられます。

 

ただ、この段階で特に意識をしてもらいたいのが
「後悔をしない行動をする」という事になります。

 

正直ですね、新しいライバルがいるからといって、
中途半端な気持ちで引いてしまっては、後々絶対に後悔をします。

 

  • 本気で復縁を目指して行動をしていくか
  • きっかりと諦めるか

 

最初の段階で、明確にするようにしましょう。

 

【相手に新しい彼女がいる状態からの復縁はこちらで解説】
元彼に彼女が出来た状態からの復縁法

復縁のステップについて解説

ここまで「復縁がかなり厳しい状況」について解説をしてきました。

 

過去の相談の統計などから換算をすると、
大体1〜2割程度の人が、上のような「復縁が厳しい状況」に
当てはまると思います。

 

逆に言えば、上のような状況に当てはまらない8〜9割の人は、
まずは一度本気で復縁を目指してもらえればと思います!

 

具体的には、復縁のおすすめのステップとしては
下記のような内容が挙げられます。

 

 

冷却期間を置き、現状を把握し、復縁に繋げていく・・・

 

とても基本的な内容ですが、
絶対にやらなければならない内容なんですね。

 

まずは一歩目を踏み出そう!

ここまで解説をしてきて、、、
「復縁の可能性はある」という事が確定した人でも、
実際に復縁に向けて行動する人は、半数以下となってしまいます、、、

 

十分復縁の可能性は残されているのに、
実際にはなかなか行動をしてくれないんですね、、、

 

正直、復縁というのは「あなた自身の手で掴みとる物」となります。

 

いくらあなたが「相手から復縁を申し出てくれないかな?」なんて
思っていたとしても、現実はそのようにはなりません。

 

今から半年・一年後、、、
復縁して幸せに暮らしている未来を掴みとるためには
「あなた自身の行動」が絶対に避けられません。

 

是非、この機会に第一歩を踏み出していきましょう。


ホーム サイトマップ
TOP 状況別の復縁法 復縁テクニック解説 復縁コラム