彼氏の復縁に冷却期間は重要です

彼氏との復縁に向けて冷却期間を正しく設定しよう

冷却期間を正しく設定しよう

100彼氏と本気で復縁をしたいなら、冷却期間を適切に設定し、利用していく必要があります。

 

「復縁に向けて、すぐにでも行動をしたい!」という気持ちはわかりますが、冷却期間を適切に設定しないと、結果として復縁の成功が遠のいてしまいます。

 

より成功確率を挙げていくために、適切に行動をしていきましょう。

そもそも冷却期間とは

そもそも、冷却期間というのは、どういった内容の物になるのでしょうか。

 

具体的な特徴としては、下記のようになっております。

 

  • 相手に一切連絡をしない期間
  • 関係を一度リセットをする期間
  • 復縁に向けて準備をする期間

 

上の特徴の中で、特に重要なポイントになってくるのが
「関係を一度リセットする期間」となります。

 

相手と別れてしまった後というのは、
正直お互いにかなり感情に差が生じています。

 

例えば、降った側(相手)からすると、
「別れた!自由だ!」なんて風に思っているでしょうし、
振られた側(あなた)からすると「すぐにでも復縁したい」という気持ちになっているはずです。

 

お互いがこんな気持の際に無理に復縁を試みると、
感情が正面からぶつかってしまいます。

 

つまり、、、復縁に失敗してしまうわけですね。

 

よく勘違いされている方がいらっしゃいますが、
「冷却期間」というのは、プラスの効果というのはあまり見込めません。

 

ただ、「マイナスになっている感情を、0に持っていく」という事が可能なのです。
正しく活用をしていきましょう。

 

3ヶ月程度が一般的

では、具体的にどのくらいの期間を置くのがいいのでしょうか。

 

冷却期間の実際の期間なのですが、
大体3ヶ月程度が一般的となります。

 

この期間には色々と考え方があるのですが、
やはり「気持ちを冷ます」「その間に行動をする」という事を
考えると、3ヶ月程度が一般的となります。

 

絶対的な目安というのは存在しないのですが、
過去の事例などから、上記の期間がおすすめとなります。

 

感情が揺れ動いても、連絡はダメ!

相談者さんからのメールに目を通してみると、
「連絡しちゃダメなのはわかっているけど、きついです」なんて
内容を目にすることが出来ます。

 

たしかに、冷却期間の最中は
「相手に新しい彼女が出来るかも」とか
「とにかく連絡したい!」という気持ちが渦巻いて、
なかなか平常心ではいられないと思います。

 

その気持はすごいわかるんですが、、、

 

やはり、絶対に連絡をしてはいけません。

 

上の方で解説をしていますが、
「冷却期間」というにおは、お互いの感情のギャップをなくすために
設定しているものとなります。

 

そんな行動の最中にも関わらず、
あなたからタブーを犯してしまっては、、、

 

元も子もないですよね?

 

感情が爆発してしまうタイミングなどあるかもしれませんが、
そういった際には「今、自分は冷静じゃないな」と客観視をして、
まずは一度落ち着くようにしましょう。

冷却期間が必要かの判断をしよう

100

 

では、実際に復縁に向けて冷却期間を設定する前に、
「あなたにとって、冷却期間は必要なのか?」について、
しっかりと判断をしていきましょう。

 

正直、ほとんどの方にとって冷却期間というのは重要になります。

 

ただ、下記のような状況にいる人にとっては、
それほど冷却期間は効果を発揮しないのです。

 

  • あなたからふった場合
  • 謝罪によって復縁出来る可能性が高い場合

では、それぞれの状況について解説をしていきます。

 

あなたからふった場合

過去の相談などを受けていると、
「そもそもが自分が振った状態からの復縁」を
考えている方がいらっしゃいました。

 

こういった方の場合、冷却期間は必要なのでしょうか。

 

結論から言うと、、、必要はありません。

 

冷却期間というのは、ある意味では
「相手から嫌われてると確定している時」に
特に効果を発揮する内容となります。

 

そのため、あなたからふった場合は、
この内容には当てはまらないんですね。

 

このような状況であれば
まず一度連絡をしてみるのがいいかと思います。

 

謝罪によって復縁出来る可能性が高い場合

上の状況以外には、こちらのように
「謝罪によって復縁出来る可能性が高い場合」も
冷却期間は必要ないかと思います。

 

例えば、ちょっとした事で喧嘩になってしまい、
感情のままに別れだ!なんてしまった場合は、
冷却期間が必要ない場合が多いです。

 

ただ、この際に注意をしてもらいたいポイントが
「本当に喧嘩が原因なのか?」という事です。

 

例えば、ちょっとした喧嘩が原因で別れた場合は、
冷却期間を置く必要はりません。

 

それに対して、喧嘩はあくまでもきっかけで、
実はもっと大きな別れの理由があるという事であれば、
冷却期間を置く必要があります。

 

その点については、冷静に判断をするようにしましょう。

冷却期間中の具体的な行動とは

100

では最後に「冷却期間中の具体的な行動」について解説をしていきます。

 

冷却期間と言うと
「何もしなくてい良い期間」と勘違いしている人がいますが、
実際には全くちがいます。

 

本気で復縁をしたいなら、冷却期間の最中にも、
下記のような行動をしなければいけないのです。

 

  • 現状の調査
  • 自分磨き

 

では、詳細について解説をしていきます。

 

現状の調査とは

冷却期間中の行動を決めるために、
まず最初に「現状の調査」を行うようにしましょう。

 

そもそも、現状の調査というのは、
下記のようなポイントを理解するために行います。

 

  • そもそも何故付き合ってもらえたのか
  • 何故振られてしまったのか
  • 今後どう自分が変わっていけばいいのか

 

今回、あなたが振られてしまったということは、
内面的・外面的に何かしらの問題があった事が考えられます。

 

そこで、上のようにしっかりと整理をして、
そもそもの「根本の部分」を理解するわけです。

 

現状の調査を適切に行うことにより、
今後の行動の指針となります。

 

是非しっかりと行って、次のステップに繋げましょう。

 

【より詳細については、下記で解説】
復縁の方法で「現状の調査」は極めて重要です。

 

自分磨きとは

上のように現状の調査を行ったら、
それに沿った形で自分を変えていきましょう。

 

大きく分けて「内面的な変化」と「外面的な変化」があるのですが、
特に重要になってくるのが「内面的な変化」となります。

 

例えば、、、
「ネガティブな発言」で相手を困らせていた人は、
今後そういった発言をしないように変わる必要があります。

 

また、「約束を守らない」と言うことで振られてしまった人は、
明確に約束を守るようにし、更にはそれを相手に理解してもらう必要があります。

 

こんな感じで「振られてしまった理由」を潰していくことにより、
復縁につなげることが可能になるのです。

 

正直、性格などを変えていく作業になるので、かなり大変ではあります。

 

しかし、やればやるだけ結果が出るのは間違いありません。

 

【より詳細については、下記で解説】
復縁のテクニックで「自分磨き」は絶対に外せません

まとめ

以上が、冷却期間の重要性になります。

 

冷却期間というのは、
正直言って私だけが提唱しているのではなく、
「復縁の専門家」であれば、誰もが提唱している内容になります。

 

だからこそ、かなり効果的な手法なんですね。

 

今あなたがどんな状況にいたとしても、
冷却期間は効果を発揮することが多いです。

 

是非真面目に、前向きに行動をしていきましょう。


ホーム サイトマップ
TOP 状況別の復縁法 復縁テクニック解説 復縁コラム